【悩みをスッキリ!】女性の髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法ランキング5を紹介します!

髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法第5位

ドライヤーを当てる前に、タオルドライをしっかりしておくと、髪の毛をきれいに乾かせます。

ドライヤーの風が当たっている時間を短縮できるので、熱による傷みを軽減できます。

特に、ロングヘアでボリュームのある髪の毛だと、タオルドライをしっかり行うかどうかで、乾かした仕上がりが随分と変わります。

表面だけでなく、髪の毛の根元や内側など少し乾きにくい部分をより重点的にタオルドライしておくのが、きれいに乾かすポイントです。

あくまでもタオルドライなので、自然乾燥ではありません。かつては自然乾燥派でしたが、タオルドライに切り替えたことで、髪の毛がとても傷んでいたことを実感しました。

タオルドライはちょっと面倒とか、夏は暑いからと避けてしまいがちですが、きれいに乾かすには必須です。

髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法第4位

根元からドライヤーを当てることで、髪の毛をきれいに乾かせます。

根元は髪の毛が集まっていて少し乾かしにくいですので、特に気を遣ってあげたいところです。

さらに、根元を乾かしている間にも、髪の毛の表面や毛先にもドライヤーの風が当たっています。毛先はとても傷みやすくなっているので、根元から乾かすことで毛先に負担をかけすぎずに済みます。

時間短縮もできて、きれいに乾かせるので、根元から乾かす方法はメリットが大きいです。

髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法第3位

ドライヤーの風にこだわると、髪の毛をきれいに乾かすことができます。

こだわるポイントとして、風量や温度があります。

風量が強いもの、もしくは風量を上げるモードや機能があるものが良いです。ドライヤーの熱を長時間当てていると、髪の毛は傷んでしまいます。

大風量で早く乾かすことも、きれいに仕上げるコツです。ある程度乾いたら、風量を弱めてドライヤーを当てることで、無駄に熱や風を当てることなくきれいな髪を保てます。

冷風モードがある場合は、ドライヤーの最後に冷風を当てることで、キューティクルを引き締めてきれいな髪の毛になれます。

髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法第2位

ドライヤーの当て方に注意することが、髪の毛をきれいに乾かすコツです。

ドライヤーは、髪の毛から15センチほど離すようにします。風や熱によって傷むことを軽減できますし、広範囲に風を当てられるので、時間短縮できて髪の毛にダメージを与えにくくします。

表面を乾かしてしまいがちですが、髪の毛の内側からしっかりとドライヤーを当てることで、きれいに乾かせます。

実際、ドライヤーを終えてみて内側が乾かせていないことも多いので、注意したいところです。

1箇所に集中してドライヤーを当ててしまうと、髪の毛が傷む原因になる上に、時間もかかります。常に動かし続けて、髪の毛に負担をかけないようにしましょう。

髪の毛をきれいに乾かすとっておきの方法第1位

髪の毛をきれいに乾かすには、洗い流さないトリートメントが効果的です。

毛先を中心につけてからドライヤーを当てることで、傷むことを防いできれいに乾かせます。

洗い流さないトリートメントを使った時と使っていない時では、ドライヤー後の仕上がりが全く違います。

むやみに多くつけるよりも、目安量を守ったほうがより効果が上がってきれいな仕上がりになります。

オイルタイプやクリームタイプ、ミストタイプなど様々な種類がありますが、どれもきちんと効果があるので、好みのものでOKです。

しっとり、さらさら、ダメージ補修など、目的に合わせて選ぶとさらに良い仕上がりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。